廃車の手続きについて

毎日乗る車は定期的に整備を

毎日乗る車は定期的に整備を 我々は普段車に乗って様々な場所まで運転したり、誰かに運転してもらっていろいろなところに連れて行ってもらうことが結構多いですが、その分各パーツには相当な負荷がかかり続けています。
そのままにしておくとどんどん劣化していってしまい、最悪の場合深刻な交通事故を引き起こしてしまう恐れがあります。
事故の規模によっては大惨事になってしまう可能性もあるため、各業者へ定期的に整備を依頼する必要があるのは言うまでもありません。
もちろん各ドライバーは車検を受けることが義務付けられているので、どうしてもそこまで待ってから検査を受けさせようという気になってしまうでしょう。
もちろん検査にかかるコストを少しでも減らしたいという気持ちは分かりますが、それだと重大な故障を見逃してしまうかもしれません。
もし車の挙動が少しでもおかしいと感じたら、すぐに最寄りの整備工場に連絡を入れてみましょう。
それから車を運び込み、信頼の整備士によるチェックをしっかりと受けるようにすべきです。

車のオイル交換の種類について

車に使われているオイルは、エンジンオイル、ミッションオイル、ブレーキオイル、パワーステアリングフルード、デフオイルなど様々な箇所で使われていて、定期的なオイル交換が必要になります。
エンジンオイルは、潤滑、冷却、密封、洗浄、防錆などの役割があり、常に高温の状態なので劣化しやすく不純物の混入もあるので、一般的にはNAエンジンで10000km毎で、過給機付きエンジンで5000km毎のオイル交換が必要で、2回に1回程度は不純物や汚れをろ過しするオイルエレメントの交換を推奨しています。
ミッションオイルは、MT用とAT用などの種類があり、潤滑や動力伝達などの役割をしていて、20000kmを目安に定期的なオイル交換が必要になります。
ブレーキオイルは、ペダルの踏力を伝える役割があり、劣化が少ないので車検毎のオイル交換をし、パワーステアリングフルードは、油圧式の車のみにあり、基本的には交換は必要ないです。
デフオイルは、FRや4WDなどにあり各ギヤを潤滑させる枠割があり、20000km毎の交換が必要です。


Copyright © 2016 Car Mania all rights reserved.